地元の小さな工務店が発信する大分の住まいと暮らし。

びおぶんごとは 書き手紹介 書き手募集

うつわ日記

陶器まつり2018

「全国陶器まつり in 大分」に出かけてきました。

陶器まつり 大分会場

九州から始まり北海道まで行脚するイベントですが、スタート地点に近い大分では毎年一番寒い時期に開催されます。会場敷地内にロの字型で張られたテントの中に、これでもかというほど陶器が並んでいます。

陶器まつり 大分 内部

陶器まつり 大分 波佐見焼

陶器まつり 大分 萩焼

陶器以外にも、木彫りの彫刻品や貴金属系の出店もあります。

一点モノだったり大量生産品だったり、いい意味で統一感なく陳列されているので、宝探しの気分を味わうことができます。「¥○○均一」の名の下にカゴの中で安売りされているものの中にも、掘り出し物がかくれんぼ。

陶器まつり 大分 かご売り

陳列棚の裏側までよく見ないと運命の出会いを逃してしまうので、まさに360°気が抜けない空間です。

陶器まつり 大分 棚裏

 

↓水○一郎さんを思い出す器だゼーット。

陶器まつり 大分 ゼット

 

↓気軽に生け花を楽しめるキットも。

陶器まつり 大分 生け花

 

と、つらつらと書きましたが、陶器まつりを楽しむポイントをまとめておきます。

 

○1周目では気になる器をチェック → 2週目で購入するかどうかを決める。

○ただし、売れてしまうのが怖い時には、ご主人にストックを申し出ておくと安心です。

○値切りは挨拶がわりです。気に入ったらトコトン交渉を楽しみましょう。

○購入した器が「ネットで安く変えたんだ!」というのはご愛敬。お気に入りを目で見て選ぶ楽しみを最優先しましょう。

 

今年の陶器まつりは2月12日(月・祝)まで開催予定です。

大分銀行ドーム横という場所柄か、しびれるほど寒いのでしっかりと厚着をしていきましょう。

安東 洋輔大分市の工務店で、企画・広報や設計補佐の仕事をしています。趣味は土モノの器集めとギターです。宜しくお願いします。

バックナンバー

  1. 鉄錆色の一輪挿し

    鉄錆色の一輪挿し

  2. 藍唐草の5寸角鉢

    藍唐草の5寸角鉢

  3. 陶器まつり2018

    陶器まつり2018

  4. カラカラ

    カラカラ

  5. しのぎ切立鉢

    しのぎ切立鉢

  6. 円筒型の酒器

    円筒型の酒器

  7. 紺色のしのぎ6寸皿

    紺色のしのぎ6寸皿

  8. 三島手の平口お猪口

    三島手の平口お猪口